キッチン家具大移動作戦ーその2/3

チェストの引き出しを全て抜いて、あちこち点検していた娘が言う。

「このチェスト前にも切断した?」

「いや、覚えてないけど・・・」

「下の方、金具でつないでるよ」

「ン?」

ホント、下から2段目を切っている。
そうか、これは元々7段のチェストだったのか。
ゴメンね、2ツも切り取ってしまって、でも電子レンジ台は重要だから、今のではちょっと心もとない。

キミを指名します。などとツブヤキながら娘にバトンタッチ。
今までなら私がノコギリでギコギコやっていたが、最近はすっかり自信を無くしている。

娘はマスクとメガネをつけて木屑を吸わない、目に入れないよう、手袋も抜かりなく、エンピツ・物差し・ノコギリ・サンドペーパーなど必要なものを揃えてベランダへ。

ついて行こうとすると
「お母さんはアブナイから。何か別のことしてて」
と扉をピシャリ。
室内に破片や木屑を入れないようにとの配慮であるが、私はポツン、さて何をする?

食器棚の物全てを出す時も、娘はテキパキと軽快だった。
カウンターの上がいっぱいになると、ガス台の上にバスタブの蓋を置いて食器を並べた。
お見事!アンタ頭いいねェ。

私は何をするにもちょっとだけ考えてから動く。
その分、作業が遅くなる。
以前はこんなじゃなかったよ、考える前に体がサッと動いてたもんネ。

台所がこれじゃあ、お昼ごはんはお弁当にしようか。
買い物行って来まあす。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA