着る(材質)

身に付けるものの材料は、服を選ぶ上で最も重要視する。

肌触りが良く、軽量であること。
どちらが欠けても私の服選びに合格しない。

色が良くてデザインも素晴らしいのに、材質がイマイチとなると、ウーン、ウーンと唸りながら諦める。

日本製であることも条件のひとつに入っている。

セーターはカシミア以外着ない、という金持ちの知人もいるが、カシミアでなくても柔らかく軽いものはある。

置いている店の格を察知することが大事で、この店にはいいものがあると見当がつく様になるまでには、幾多の失敗を重ねている。

私の条件に合うものを並べている店は、やや高級である。
だから正規の値段で買うには手が出ない。

件の金持ち知人は、「バーゲンまで待っていたらいいものがなくなってしまうでしょ」とのたまう。
私もそんなことを言ってみたいものだ。

コロナで、今期のバーゲン行脚が危ぶまれるのがツライところである。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA