月2回、体の活性化しましょう

遅れて来て、「今日はシンドい。描けるかナァ。」などと言う。
それも2人が。

ネガティブな言葉は教室の士気を撹乱し、みんなの心が下降線をたどる。これではいけない。

実は私も朝から頭痛で気分が悪かった。
ちょっと待て!!私が落ち込んでいてどうする。
エーイッ 気合一発!

「台風の後はみんなシンドいのです。台風で元気なのは石原裕次郎ぐらいなもンです!」
我ながらとっさの発案に、いいぞと思ったとたん、
「嵐を呼ぶ男ですね」
と合いの手を入れてくれたUくん。
アリガト、これで全員が笑顔になり無事教室終了。

後で聞いた話だが、8人いた人全てが朝から頭痛で、今日は冴えない1日かナァと思っていたらしい。やっぱり。

大型台風は日本中の人間(いや生き物全部)を狂わせる不気味な力を持っているのだ。ただの低気圧が近づいただけで脳ミソが痛む私が、そのことを忘れていた。

台風前の備え、台風後の片付けに追われていたせいもある。

それはともかく、教室のムードメーカーになってくれていた人に、老いたナと感じさせる瞬間が増えてくると、悲しい。

その瞬間とは、ユーモアが消えた時のこと。

笑いは、人間の感情の中で一等位に在る。
笑うことで身体中の細胞が活性化し、若返り、顔色まで良くなる。これは医学的にも立証されているとのこと。

皆さん、せめて教室の間2時間は、楽しく、明るく、表情豊かに過ごしましょう。

玉麗教室で、ネガティブな会話はご法度です。もしそうなってもその後でフォローしますから、必ず反応して下さいネ。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA