刈り上げ頭に風が吹く

いつでも行けるけど今日は行かない常態から、行きたいのにずーっと行けない状況に追い込まれると、心理的ダメージは人によって異なるものの、このコロナ下で抑圧を全く感じない人はいないと言い切れる。

どこへ行くかは人さまざまだが、私の場合、髪が伸びてきたのにいつも行っている美容院へ行けないことのイライラが毎日募ってきた。

いつもは教室へ行く日に、その近くでカットしてもらう。

ショートヘアーにしていると、ちょっと伸びてきても耳の辺りがザワついて鬱陶しい。
1カ月に1度は必ずカットに行く。

以前はこの近くの美容院へ行っていた。
少しずつ短くするようになって、ついにベリーショートになった。
いわゆる刈り上げスタイルである。

ハサミで刈り上げをするには技術が要る。
時々トラ刈りにされるのに、結構高い。
やーめた、となった。
カット専門と言って良いようなところへ、今は行っている。

行けない今、さてどうするか。
理容室へ行こう。

男性は刈り上げの人が多い。
だから、理容師は美容師より刈り上げの技術が上だろう、と判断してのことだ。

ついさっき行ってきて、私の首すじはサッパリしている。
5月の爽やかな風を受けて心地よい。

これからはサンパツ屋さんに行こう!と決めたわけではないが、タマにはいいかなと思っている。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA