観葉植物

アラレア、わが家にきてもう10年近く経つ。

当時とはまるで違う形状になっているので、
お店で売っているアラレアを横に置いても
同じ植物だとは到底思えないだろう。

3本の木が根元で各々に2本分かれ
ゴツゴツと伸びている。
50cmぐらいの高さだったのが、
今では2mを超え、そろそろ天井に
届こうかという勢いだ。

スーッと伸びた6本が70cm辺りから
少し広がり、上部では1mくらい幅がある。

涼しくなったからか、
台風で痛めつけられたので回復しようと
努めているのか、
盛んに新芽を出してきた。

葉は八ツ手のような形で、
9〜10枚ついている。
6本の幹は高低差があり、
ちょっと曲がったりしてなかなか風情がある。

観葉植物は冬場室内に入れるようにとの
注意書きがあるが、一旦外に出してからは
中に入れたことがない。
風雪に耐えている木だから
味があるのかもしれない。

アフリカンプリンス(ゴムの木の一種)
という名前の大きな葉をつける木を
娘の部屋に置いていたが、
エアコンの中では寒かろうと
ベランダに出してやった。

外へ出たらゴキゲン?でどんどん葉を出す。
とうとうこんもりした木になってしまった。

下葉を取り除き形を整える必要が
あるのだろうけれど、
葉を採ってカエルケースに入れているので
伸びたままにしている。

カエルは大きな葉の上にちょこんと
乗って、ゴキゲンである。
両者が良ければ、それにこしたことはない。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA