自分流(動画カトレア)

(本日の動画はブログのいちばん最後にあります)

皆それぞれに基本のスタイルがある。

夏はTシャツと細身のパンツ、あるいはスパッツ、人に会う時はカーディガンを羽織る。
今の流行がそうなのかどうか、この定番スタイルが多かった。

冬場はセーターとやはり細身のパンツ、外へ出る時はコートを着るようになる。

若い人はスカート、あるいはワンピースの人もいたが、50代以上になると俄然パンツ姿が多い。

友人とデパート近くのカフェで、通りを歩く人達を観察した結果の結論として、よく動く年代はパンツ姿が多いということであった。

自分自身のことを考えてみてもやはり、40年代後半からスカートをはかなくなった。
パンツ姿の方が足さばきが良い。
少しでも下半身を長く見せることができる。
などの理由で、クローゼットには1枚もスカートがない。

40代前半に手に入れた、ちょっと凝ったロングスカート2枚だけは捨てきれず、隅っこに吊るしてあるが。

友人に尋ねると彼女も最近パンツ派になったらしい。

基本のスタイルと前述したが、Tシャツ派とブラウス派が在る。
今は上半身に着る物はTシャツ、ブラウスどちらもかなりブカっとして、着丈も長い。
そして下半身がスリム形パンツ。
私の最も苦手とする型である。

仕方ないから、ブラウスなどはバッサリ切って裾の始末をして着る。

デカTシャツは買わない。
もっぱら長袖を愛用しているので、強燃糸で織った布をスリムなTシャツに作っているメーカーの物を手に入れることにしている。

流行を追わず頑なに自分流を貫こうとすれば、少し高めだったり、どこにでも売っていなかったり、手に入れるのにちょっとばかり努力が必要となる。

しかし、こだわりとはそういうものだと思う。

(玉麗)

べべ・ロッカの
「水墨画3分ムービー 100回シリーズ」
第64回は「カトレア」(1分20秒 音あり)です。

チャンネル登録はこちら。↓
YouTube「べべ・ロッカチャンネル」

よろしくお願いします!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA