今はまだ冬

暖かい日がやってくると、もうこのまま春になるだろうと思ってしまう。

「啓蟄(けいちつ)」は3月6日〜3月20日。

「啓」は「開く」、「蟄」は「冬眠している虫」のこと。

冬籠りしている生きものがモゾモゾ動き出す頃、私達も春への期待が高ぶって、ウールや羽毛のコートを着るのがイヤになる。

ところが季節はここからここまでと、はっきり決まっている訳ではない。寒い日が突然やってくることを忘れてはならないのだ。

河津桜は咲いても、今日のように寒い日がやってくる。決して早々とコート類をクリーニングに出してはいけない。

『キッチリとは決まってませんけど、この日から春ですよ。でも4月に雪が降ることも、ままあるので気をゆるめないで下さい』
との分け目が、「春分の日」21日。

春といっても、寒さ対策を忘れないように、寒の戻りにくれぐれも気をつけないと、風邪を引くことになる。

私のカレンダーは、メモ用紙がいっぱい貼付けられている。

コレをしておけばよかった、と今年思っても、来年までにはきれいサッパリ忘れてしまう。そこでメモにしてカレンダーの12月のページに貼っておく。

「冬ものの洗濯は、完全なる春を迎えてから」
のメモが3月末に貼られている。きっと昨年、“ああ、しまった”となったのだろう。去年の自分を垣間見た気がする。

娘は、「3月は春ではない、冬です」と言う。そうだ、そう思っていれば、解決する事柄も多いことだろう。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA