ホオズキ

玄関に飾りました

植物がお好きなMさんが、ホオズキを持って来てくださいました。しかも枝についたままで、素敵です。

ホオズキは「酸漿」「鬼灯」「鬼燈」とも書くそうです。

調べてみました。
ホオズキは、10日ほど水につけておくとガクの組織が腐って溶けて、葉脈だけがきれいに残るそうです。あとはドロドロに溶けたガクの部分を洗い流せばいいだけ。このような葉脈だけの状態になったものを「透かしホオズキ」「網ホオズキ」と呼ぶそうです。

細かい網目がすばらしい。朱色の実が秋っぽくてきれいです。ほんとに可愛いですね。

(雪)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA