初うるい

うるいを見つけた。
今年は出回るのが遅いような気がする。

ナベに水を入れ沸騰したら、洗浄したうるいを入れる。
サッと緑が若やいだところで冷水に放ち、すぐ取り出して5センチぐらいの長さに切る。

シャキシャキとほろ苦く、舌が小躍りする味、体がよみがえるような春の食感である。
春キャベツもやはり同じような歯触りで、野菜を食べることの喜びここにあり、と言ってもよい。

 

このところ忙しい。

3月は1年のうち最もザワザワする月である。

急に春めいて気もそぞろになり、いろいろ予定を入れて後悔するのもこの頃だ。

娘は注意事項として、《母、体調を崩す月》と書いているそうな。
期待?に答えるように、今朝気分が悪かった。
朝食は食べられなかった。

このままでは寝込むからと、思い切って遠くのスーパーへ春キャベツを買いに行った。

そこでうるいを見つけたのだ。

巻き寿司を買ってそそくさと昼食を済ませ、リクライニングソファへ。
ひょっとして1時間ぐらい寝たのかもしれない。

そうっと起きると、朝からのムカムカと頭重が薄らいでいた。
やはり疲れがたまっていたのだろう。

眠りは体力回復のいちばんの薬だ。

夕食は、畑で採った若いコマツナとくるみの炒め物、
きゅうりの酢の物焼き磯のり添え、
くだんの“うるい”はポン酢で頂く。
たっぷりベーコンの入ったジャーマンポテト、
オレンジとりんごのデザート。

わが家のメニューは野菜が多い。
私はこれで充分。
娘も友人と外食の時、きっとお肉モリモリの食事をしているだろうし。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA