春のオノマトペ

“しゅんしゅんと芽を出す”

何の草木だったか忘れたが、そのように表現されていて、なるほど!と感じたことがあった。

わが家には庭がないので、そんな風に見えるものはないが、“ポツポツ” あるいは “ピンピン” “メキメキ” ぐらいならある。

ムクゲ、イグサ、ペラルゴ達。

にわかに春めいて芽吹きを促す菜種梅雨もやってきたので、急に元気になってきた。

昨年ホオズキが芽を出して育っていると喜んでいたら、どうもムクゲのようで、“木” の体をなしてきた。
6本もある。

ムクゲは底紅できれいなブルーであったが、蜜がアリンコの好物らしい。
ベランダで彼らが好き勝手に動き回っては困る。

息子の家の庭へ移植した。
次々に花をつけていたらしいが、エアコン室外機の風が当たるところだったので、枯れたと言う。
6本もいらないだろうが、また持って行こうと思っている。

東側のベランダでは “ツンツン” と伸びている木がある。
ちょっと名前が出てこない。
ブロッコリーの脇芽も “モコモコ” 大きくなっている。

春の野菜苗が出回ったら、いちばんにスティックブロッコリーを手に入れようと思っている。
カエル達も、“プクプク” の虫類のおこぼれにあずかるのを楽しみにしていることだろう。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA