花籠

Kさんからは柿の差し入れ!

教室に入ったら、私達の机の上に小さな花達があふれていた。

「あ、Mさんですね」

「はい、『秋てんこ盛り』です」

黄と白の小菊、南天、柊、大蓼、杜鵑草(ホトトギスソウ)、紫式部。

秋の七草にちなんでだろうか、7種の花や実が活けられて、側に真っ赤に染まった柿の葉、その上にはドングリまで。

まさに秋満載である。

菊の香りかと思ったら、柊の白い小さな花からも芳香が漂っている。

その葉はよく見ると虫が食った跡がある。

こんなトゲトゲでも好む虫がいるンだと、頬が緩んだ。

庭の花々を摘み、オアシスに活け、小さな籠に入れて持ってきて下さったMさんの遊び心と優しさに感服!

リビングのカウンターの上に置いたら、通るたびに花達の息遣いが伝わってくるようだ。

これは描いておかないともったいない。

しかし、今は1月〜6月までの手本に集中しなければならない時。

写真に撮っておこう。いや、やっぱり活きた花を描く方がいいに決まっている。ジレンマとはこのことを言う。

なんて言っている間に描けばいいのだ。

(玉麗)

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA