ブロッコリーは元気のもと

濃い紫色がきれいなすみれ
これも美しい青紫のバビアナと麦

 

朝の食卓に、ちょうどよい固さに茹でられたブロッコリーが、レタスと人参の甘煮と共に供された。

わが家で採れた今期の初ものである。ほんのり甘みがあって、何もつけなくてもおいしい。

ブロッコリーは私達が食料として頂くのはもちろんだが、葉につく虫達はカエルのビタミン源となる。

大きな中心の花蕾を採ったあとは、抜かないでそのままにしておく。脇から出る芽もおいしいサラダとなる。

病気になったり、育て方がむずかしいとなると、いくらおいしいものでも二の足を踏むが、元肥をやって、あとは水を欠かさなければちゃんと育ってくれるブロッコリーは、文句なしの優秀野菜である。ベランダでも元気で育ってくれるのが、何よりうれしい。

きゅうりもけっこう大きくなってきた。風で倒れそうなので添え木をすると、さっそくツルを伸ばしている。

 

教室で頂いた、と花・お菓子・タケノコの茹でたものを娘が持ち帰った。Mさん、Tさん、Uさん、ありがとうございました。

花は玄関と洗面所に飾り、お菓子はおいしく頂きました。タケノコは若竹煮、味噌和え(木の芽を入れないので)にして、夕食の二品になりました。

教室は休んでも、手本はちゃんと描いている。体力温存のためいつもの半分の仕事量ではあるが。

私達もブロッコリーから、活力を頂くことにしよう。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA