猫の不思議な力について〜ニャンコの日

本日は、2月22日。

ニャンコの日だそうですね。

 

先日、ある教室で猫の話題になりました。

というのも・・・

少し前になりますが、バレンタインのチョコを頂いたとき♪

 

粉っぽくなっているのは私が箱をひっくり返したせいです すみません

 

チョコレートをいただいてご機嫌だったのですが、この肉球の愛らしさ。

この猫チョコが話のきっかけでした。

よく犬派・猫派とかいって、映画にもなるくらいですが、まあいいじゃないですか、ナニ派でも・・・

私はカエル派ですけど〜

ハウスから、首をかしげてこちらを見つめるマルちゃん

 

とか言ったりしてたのですが、私は動物全般好きなので、同じく動物好きで猫を飼っておられるMさんから、不思議な猫のお話を聞きました。

Mさんのかつての飼い猫が亡くなってしばらくして、なんとなくそのニャンコが来ているような不思議な感覚があったそうです。

でも、ちゃんと成仏してほしいと願ったMさんは、「来たらダメよ!」と言ったのです。

すると、あたりがバチバチ!と光を放ったのちスッと気配が消えて、それからは一度も現れることがなかったとか。

 

人間を含む動物は、科学では証明できないような不思議な力を本来持っていると言われます。

人間以外の動物は、生きることに純粋なので、そういった力が働きやすいのかもしれませんね。

 

うちのカエルたちも、ちゃんと巨人(我々のことです)の話を聞いていますよ。

日中は知らん顔で寝ていたり、半冬眠な彼らですが、夕飯どきになるとジャン君はいつもスッと姿勢良くしてこちらを見つめています。

ジャン君、と話しかけると「うん」と頷いてくれますから!

アゲハ蝶も可愛がっているとなつきます。

 

彼らとうまくやっていくには、彼らのことを観察して興味を持って理解すること。

そうやって生態を研究することが大切ですよね。

こちらの都合だけでやろうとして、うまくいかないことに腹を立てても無駄なんです。

向こうだって無礼な振る舞いに対しては爪を立てたり、臭いツノを出したり、当然怒ります。

 

ちなみに私はアゲハの幼虫(青虫)時代の彼らの取り扱いに関しては、おそらく黒帯です。

怒ってツノを出されることは一切ありません。

それは、彼らの生態を理解して丁寧に扱っているから。

 

大きさにかかわらず、命に対してのリスペクトが大切だと思っています。

 

何の役にも立たん特技を

自慢しとるのぅ・・・・ほほほ・・

(by神様)

 

人間も同じですね。

相手に好かれたかったら、まず相手に興味を持ち、よく理解して、敬意を払わないと、絶対に仲良くはなれません。

自分にも言い聞かせています。

(雪)

 

2件のコメント

  1. こんにちは。
    14年一緒のわんこがあちこち悪くなってきました。雪さんの命に対する考え方、接し方は素敵だなあと思います。然もありなん。

  2. yoshiさん

    もしかして・・・・・お久しぶりのyoshiさんですか?
    もしそうだとしたらようこそおかえりなさい
    夢のようです!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA