牡丹の花を描きました

牡丹を描くときのコツは、何でしょうか?

花のイメージは、華やかで堂々とした美しさ。八重になった花弁がとてもゴージャスで、絵画の題材としても人気があります。

線描は中心から外側に向かって少しずつ開いていくように、だんだん大きめに描くのが良いです。

花の色は今回はピンクです。ベタベタ塗るのではなく、ふんわりと水と空気を含ませるよに軽やかに色を置いていきます。全体に軽く塗ってから、最後に濃い赤をポイントで差し色にします。

牡丹の葉は墨で、乾いた感じで切れ込みがあるのが特徴です。きれいにまとめるのではなく、バサバサッと大胆に描くとより自然に表現できます。

華麗な花と墨色を生かした葉の組み合わせが、とてもきれいです。

(雪)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA