ブログ

体調の良い時やこれを書こうと思うネタが見つかると、多い時は1日に3本くらいブログの原稿を娘に渡す。
娘は調整して、アツアツのものはその夜8時までに、少し冷めても良い内容は後日、いつでもOKなら私がダウンしてしまった時にアップできるようにためておく。

それ故、ようく読み込むと、ア、これは数日前に書いたものかもしれないと推測できるものが、時々時系列のはざまで漂っていることがある。

千里教室のMさんは玉麗日記の熱心な読者で、書いた本人が忘れているようなことを話題にしてくれて、嬉しく拝聴する、
体調を崩しているのでは・・と心配もしてくれる。

他の教室でもチラホラ楽しみに待っていてくれる方々がいて、ブログの内容で盛り上がるとついつい調子に乗ってしまうが、読む方法がわからないままの人や、ケータイを使わない人もいるから、娘はきっとハラハラする時もあるんだろうな、と思ってはいる。

基本姿勢として、玉麗会では全ての人が技術と情報を等しく共有できることをモットーに努めてきた。

ネット社会が出現して、発信即受信は限りがあることを知った。
玉麗会では連絡事項はメールを送って終わりの一方通行ではなく、電話・ショートメール・LINEなど会員の状況に合わせて行っている。

ブログは記事である。
読む人もいれば読まない人もいる。
読む手段のない人もいるだろう。
それでも1日1回必ず発信する。

こんなことがありましたよ、
今日も1日無事過ごせました、と感謝の意を込めて。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA