晩夏

今期最終のアゲハが、今朝飛び立った。

この子達が産卵すると次の子が生まれ、また次の子へと命は引き継がれてゆく。

今期最後の男の子と女の子 元気に飛び立ちました

 

アゲハ達に解放した日向夏柑は、再度アミをかけた。
我が家ではもう受け入れ出来ないから別の所を探して、というサインである。

みかんの木の葉は限りがあるので、全てのアゲハを保護できるわけではない。
この件については娘が一番よく解っている。

それでも、気持ちとしてはアゲハを両手で包み、いつもの言葉をささやきかけて空へと放していた。

きっと「また来年」と言ったのだろう。
アゲハは応えるようにベランダ周辺をヒラヒラと舞い、高く高く風に乗って飛び去った。

羽根がうまく広がらず飛べない子が、1期に1〜2頭いる。
娘はその子達の面倒もよくみてやった。

朝起きるとケージから出して陽の当たるカーテンに止らせる。
元気な間は、レースのカーテンを歩いている。

花の蜜を吸えないから、蜂蜜を水で溶かし、ティッシュに染み込ませて口吻へつけると上手に吸い取る。

こうして、飛べない子も寿命が尽きるまで世話している。

命を全うしたアゲハを花壇に埋めた。

今夏わが家から飛び立ったアゲハは80頭

 

チョウの一生は短いです

 

近所で、うちの子(絶対、そうだと思う)をよく見かけます

 

雨上がりの空が夕闇を濃くしている。

明日は晴れ。

今年の夏は悪あがきするように、暑さをぶり返すだろう。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA