頭が重い日々

暖かくなって陽射しも明るくなってきたというのに、私の頭の中はまたしても暗雲で覆われている。
2日前目覚めると、ア、アカン、まずいナ。

この前はすぐ治ったが、今日はそううまくいかないようだ。
胃の辺りから “出るゾ、出るゾ” と脅している何かがいる。

慌ててリクライニングチェアに横になり、30分じっとしていた。
少しおさまったので洗濯する。
それからずっと寝たり起きたり、シンドイ体を持て余している。

それにしても、ほんとにダメな体になってきた。

自分では無理と思うほど動いていないのに、そしてその夜は機嫌良く入眠したのに・・・・・。
翌朝フラ〜ッとすると、体に “もうアキマヘン” と言われてしまう。

今回の引き金は、手本描きであった。
考えてみれば今の私が、4枚もの手本を描くなんて不可能なのだ。

手本は、何もないところから1枚の絵を創り上げる作業である。
体はともかく、頭はフル回転している。

それを若い時みたいにこなしては、脳ミソが悲鳴を上げるのも当然のことだ。

頭が痛くなり、それが少しおさまると、頭が重くなる。
ドンヨリとした頭の中身をスーッとさせる薬はないものか。
それはきっと麻薬の一種で、悪魔の処方箋なんだろうナアとボンヤリ考える。

こんなこと書くと、
「玉麗先生、大丈夫かな」
となってしまいそうだが、大丈夫ですよ。

玉麗は、気合と努力と正義のミカタですから。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA