雨が止んだら

雨が、このまま止まないのでは・・・と思わせるほど降っていたのに風が吹いて、雨が雲を追い散らしたように晴れてきた。

しかしまた降る。

午前中「くもり」、午後「雨」、新聞の予報は毎日そうなっているが、ずっとハズレっぱなしで1日中降る。

夕方ちょっと止んだとホッとしていたら、夜半からまた降る。

まだ2、3日は降ると覚悟しておいた方がいい。

 

あまりの長雨に待っていられなくて、絵を描いたが、雨の日はやはりよした方がいい。

墨の発色が悪い、乾きが遅い。
で、出来上がった時の感動が薄くなる。
もう1枚描こうかとさえ思ってしまう。

わが家のカエル達はアマガエルではない。
ツチガエルである。(ヒキガエルとも言う)

なのに何故か、雨の日が好きなのでは・・・と思ってしまう。
全員、特にジャンゴが雨の日になるとベランダへ出たがるからだ。

推理してみると、雨の日はミミズやダンゴムシがウロウロするからではないか。
自然に住んでいるカエル達は、それらを捕獲してエサにする。

うちの子達にもそのDNAは引き継がれているだろうから、雨のニオイがしてくるとハンターの血が沸くのかもと思ったり。

なると金時(サツマイモ)を無水ナベで茹でた。
無水と言っても水は入れる。
少量で茹でるから甘味があって美味しい。

週末からまた暑くなるようだ。

でも季節の歯車はギシッと音をたてた。

虫達がすかさず呼応する。

「8月尽」のブログを書く日が近づいているようだ。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA