秋が早いのか

長雨で空のゴミが一掃されたのだろう。
視力の弱い私の目にも星が見える。
月が美しい。

と言っても、1コの星は5コぐらいに散りばめられたように見えるし、月も当然何個かダブって浮いている。

雲の少ない今夜は、夜の闇が薄く、墨ではなく藍色をぼかしたみたいに見える。

虫達はこの涼しさをすっかり秋だと勘違いしているようだ。
昨夜よりも鳴いている虫の種類が明らかに増えている。

耳を澄ますと、リ・リ・リと聞こえる。
カネタタキだろうか。
ずいぶん遠慮がちに声を出している。

『もう秋?なんか違うような気がするけど』
と疑り深く・・・・・。

炎帝のいない夜は雲が切れても湿度の上昇はない。

昼間降った雨が夜露と一緒になって、大気を涼気で満たしている。
これはまさしく初秋の冷気だ。

あと2日、この穏やかさが続くだろうか。
8月もまだ半ば過ぎなのに、こんな涼しい夜が続くなんて信じられないことだ。

もう秋だと思ってしまうのは、虫達ばかりではない。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA