【必須!】冬休みの宿題(赤富士)

2017年の玉麗会のレッスンはすべて終了しました。

これから、来年の1月1回目のお稽古日までは、「冬休み」ということになります。

この冬休み、ぜひやっておいてほしい宿題があります。

 

以前ブログでお伝えした通り、新年1回目の手本は、「赤富士 “北斎をアレンジしよう”」です。

必ず、一度は筆を取り、(本当は色紙に1枚完成させて欲しいのですが)練習でもかまいませんので絵を描いておいて下さい。

なお、自由に描いて頂きたいので、教室では手本描きはしません。各教室で手本教材をお渡しした時に、ヒントのようなものは言いましたが、「こうして下さい」という指示はありません。

これは難しいです。

赤富士というテーマが決まっているのだから本番でなんとかなるだろう、ああやってこうやってだいたいあんな感じで、大丈夫。と、思っていたら大間違いです。

もちろん、いろんなアイデアが浮かぶことは素晴らしいですが、「頭で想像する」ことと、実際に筆をとり「イメージをちゃんと形にする」ことは全然違います。

 

即興で、思い通りの絵がいっぱつで描けるものではないのです。
単に上手、下手のテクニックの問題だけでもないのです・・・

イメージしたら、描いてみる。
あれ、うまく描けない。
思っていたよりしょぼい。
こんな風にしたいんじゃない。
あれ?あれ?

そんなふうになってしまう恐れありです。
あーあ、描けないしょんぼり。

となってはつまらないので、とりあえずは1枚、描いておいて下さい。

(雪)

1件のコメント

  1. 玉麗会で初めての宿題が出ましたね。早速トライしてみました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA