アゲハが来た!

アゲハはまだ来ていないと書いたが、私達が見かけなかっただけで、もうすでに黒虫が葉を食べていた。

あ〜あ・・・

まだ蕾は開いていないのに。

受粉して結実するまで網はかけたくないと思っているのに・・・。

日向は23度くらい上昇しているのだろうけれど、家の中はヒンヤリしている。
カエル達だって未だ冬眠気分でウトウト。

けれども生存期間の短いチョウや虫達は、今こそばかり活動しているのだ。

今飛来しているアゲハはたぶんサナギで越冬して、最近羽化したものに違いない。
冬の子は体が小さい。
その子達が産卵し、孵化した黒虫が脱皮を重ねグリンになり、モリモリと新芽を食べる。

春の子は初夏アゲハになる。
そのアゲハは立派な羽根をもった大きなチョウとなる。
大きなアゲハが産んだ子が大きくなるかと言えば、そうでもない。
その子の育つ季節には柑橘の新芽が少ない。
すでに葉は大きく固くなっている。

わが家では、3年間で700頭あまりのアゲハを飼育した時代があった。

娘はチョウの飼育職人みたいであった。

サナギになるためグリンは大移動する。
最初の頃はそれを防ぐことができなくて、脱走した虫を追ってベランダ中を捜し回ったことがあった。

2年めは、部屋に入れたら、今度は天井近くまで登って行った子もいた。

アゲハがベランダで飛び回っている姿を見て、思い出し、色々あったナアと当時のことが目に浮かぶ。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA