やはり1週間

ドクダミの根切り板を入れて土を戻したら、うわっ花壇!
今まではひたすら穴掘り、ふるいの繰り返しであったが、やっと形がついてきた。

明日で7日目である。やはり最初の予想通り1週間かかった。
今日は外側に、モッコウバラの下で、陽当たりが悪いイベリスを移植した。

植えて10年くらい経つので、もう伸び放題、収集がつかなくてどうしたらいいの状態であったが、短く切ったりまとめたり、工夫して植えた。

イベリスは今咲いている。季節外れの雪が降ったように見える真っ白な花である。宿根草なので、手入れもしないのに毎年きれいに咲いてくれる優秀な花だ。

掘り返し中は、マーガレットの鉢植えを置いて立札をしておいた。
今日はベランダで咲き誇っていたペラルゴ(赤)の鉢を置いてきた。教室がある時は、ベランダで育った花を会員に見せるのが自慢のひとつであったが、今期教室は休みで、こんなにスゴイ咲き方をしたのに誰も見せてあげられない。

ペラルゴ(ベランダから移動します)

少し散りかけたが、まだ充分美しい。

「どうです、スゴイでしょう」とデンと置いてあったら、通りがかりの人達がチラチラ見ながら行く。中には「コレ、アオイでしょ」なんて言う人もいる。
そしていよいよ明日、芝桜を植える。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA