6月手本 びっくり黒ネコと白サギ

6月後半の手本です。この作品にこめられたストーリーは?

おそらく川で何時間もねばって、ついに獲物の魚をとらえた白サギと、川べりの柵の上に座っていた黒ネコ。黒ネコの体が少しナナメになっているのは、白サギが魚をキャッチする瞬間を見て「オォッ」という驚きが現れているせいです。川べりの植物は、、葦(アシ)または葦(ヨシ)です。

墨だけで描いた水墨画。涼し気で少しユーモラスな雰囲気で、ほっとなごむ作品となりました。さていよいよ、来月からは2016年後期手本のスタートです!

—葦(アシ)と葦(ヨシ)の違いは?

「ヨシ」と「アシ」は漢字で「葦」「蘆」「芦」と表記され、同じ植物です。 「アシ」という音が、「悪し」に繋がることから「ヨシ」(良し)と呼ばれるようになりました。  「ススキ(薄)」と「カヤ(萱)」も同じ植物です。(※YAHOO!知恵袋より引用しました)

(雪)

※ブログランキングに参加しています。よかったら下のボタンをポンと押して下さるとうれしいです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA