虎図完成

干支軸「虎の図」が出来上がった。

けっこう時間がかかった。

日数が多ければ良い絵が描けるかというと、一概にはそうだと言えない。

それでも各箇所をチェックし、何度も描き続けて、では本番行きまるとリキを入れた絵が出来が悪いはずはない。

虎の表情が格段に良くなったと自己評価している。

玉雲先生の水墨画はどれも品格が高かった。

師のどの部分を受け継いだかと問われたら、即この点だと答えるだろう。

玉麗会の手本は、いろいろなことを学んで欲しいから、彩色をためらわない。

けれども作品となると、墨だけ、あるいはほんの少し色彩を加えた絵をつくる。

品格を第一課題として。

とても難しいことだけれど、到達点はより高い方がいい。

今回の虎の絵は、目標をクリアできただろうか。

テレビ画面の中から、『Clear(クリア)!』とNCIS捜査官達の声が聞こえた。

来年のお正月に掛けるお軸はこれで決まり。

皆さん、ぜひ描いて下さい。

虎の咆哮で、コロナ退散を祈願します。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA