暖炉

先日梅田へ行ったついでに見たものがある。

ヨドバシカメラ4Fの暖房機売り場。

Electric Fire、ディンプレックス社の電気暖炉である。
どこかのお店で(多分飲食店)見たことがあるが、それはちょっとチャチなもので、いかにもといった態であった。

もっと本物らしいものを見てみたい。
高額であるし重たそうだから、多分買わないと思うけれど、見るだけなら・・・・・。

カモメ(扇風機)を手に入れた時の名物?オジサンがいた。
マスクをつけているし、4〜5カ月前のことだから、覚えていないだろうと思ったのに、カモメの名を出すと思い出したらしい。
私のオデコで判別したのだろうと推測する。

「ハリーポッターの映画にも出てきたものですョ」
と説明しながら、
「コレは重すぎるからコレぐらいがいいと思います。コレだとちょっとオモチャっぽいですからねェ」
と、相変わらず立て板に水のごとく滑舌である。

「では十分に悩んでお決め下さい」
とオッちゃんは行ってしまった。

私は1人で
「なるほど、コレは重いヮ」
「白は合わないよ」
などと小声で1人言。

13,800円から在る。
灯りを楽しむ雑貨として買って帰ろうかと心が揺らいだが、とどまった。

帰って娘に話すと、一家言あった。

“暖炉には思い入れがある。
オモチャのように扱わないで欲しい。
飽きたら使わなくなるのでは、暖炉がかわいそうだ”
云々。

ナルホド。
思いとどまってよかった。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA