7月手本 泰山木(たいざんぼく)

タイザンボクの花を後期手本の
7月1回目に手本にした。

描いた時は確か昨年の秋頃。
7月に咲くと思い込んでいたのだ。

街路樹、公園樹として植えられているので、
身近にあるのだが、なにしろ大木になり、
花は枝先に咲くので、滅多なことでは
観察出来ない。
遠くから眺めるしかない。

水墨画では定番といってもよい花で、
大きく咲き切ると20センチを越える。

実は、7月ではなく6月に咲く。

なので、もうすでに無い。

「絵の花は散りませんから、タイザンボクを
もう1度楽しんで下さい」

なんてことを言いながら添削している。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA