4月手本 バビアナとてんとう虫

4月後半の手本は、バビアナ。

南アフリカ産ということで
鮮やかな色が特徴です。

あまり馴染みのない名前ですが、
実はアヤメ科(穂咲き菖蒲=ホザキアヤメ)です。
花のつき方はフリージアに似ていて
葉っぱの感じがアヤメを優しくしたような
雰囲気です。

今回は、もうひとつの主役。
てんとう虫が葉っぱにとまっています。
あまりサイズを大きくしないよう、
可愛らしく小さめに描いて下さい。

てんとう虫にもいろいろ種類があって、
一般的に思いつくのはナナホシてんとうですが、
手本ではフタホシ。
ですから、羽の点々は2つです。

写真は、一見てんとう虫に見えますが、
てんとう虫モドキです。
よく見かけるタイプ。

教室でそんな話をしていたら、
「てんとう虫って、クサイのがいますね」
という方がいました。

クサイてんとう虫、初耳です。

(雪)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA