雨後の出来事

夕立には早いけれど、ザァーッと雨が降って急に涼しくなった。

学校が夏休みになるのをねらって映画「ジュラシック・ワールド」(シリーズ最新版)が上映 されているらしい。
トムクルーズの「トップガン」も人気の先頭を走っているようだ。
どちらも30年ぐらい前に1回目が観客動員数の大記録を残したものだ。

娘にすすめられて「ジュラシック・パーク1」を観た。
今でこそ驚かないが、当時は画面いっぱいに現われた恐竜にド肝を抜かれたと表現してまちがいない。

動きが滑らかで特撮ってコレのこと?と思ったものだ。
コンピュータグラフィックスの発達は、その後の映画表現枠を大きく変えた。

世界はこの30年で、不可能を可能にする力を蓄積してきた。
しかし、あまりにも変わりすぎて私達はもう驚かなくなってしまった。

今日昼食の途中で、口中に違和感を覚えた。
食事を終えて鏡を見てびっくりした。

まっ黒なものがくっついている。
舌で触るとプヨプヨしているが、パンパンに盛り上って、咀嚼時に噛んでしまいそうな気がする。
今までに見たことのない大きさではあるが、これは明らかに血豆であろう。

それにしても、直径2センチ近い大きさは尋常ではない。
これは記録すべきだ。

その後私は、側から見れば相当滑稽な努力をして、自分の口中の血豆撮影に成功した。
成功したからって何の利益にも賞賛の対象にもならないのだけれど。
とりあえずは娘に伝えることが出来た。
何かの後に立つだろうか。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA