水車小屋の風景(8月画題その1)

8月1回目のテーマは「水車小屋のある風景画」です。
墨だけを使います。

今回は時間がかかります。
がんばりましょう!

まずは、エンピツで下図を描きます。
水車の位置が重要ですので、1番に描きましょう。

1.水車(水車にかかる水)
2.小屋
3.川岸
4.樹木

の順番でいくと、描きやすいです。
大まかな線で良いので、ちゃんと下図(あたり)を作ってください。
墨でいきなり描くのは難しいです。

水車を描く時には、水車の上にかかる水の部分を白く残すことが大切です。
忘れないよう気をつけてください。

下図ができたら、墨を使って筆で描いていきましょう。

全体をまずサッと描いてから、細かな部分や濃い部分を重ねてゆくようにしてください。

まとめ

① まずエンピツで下図を描く
② 墨で全体を大まかに描いてゆく
③ 細かいところ、濃いところを少しずつ重ねて仕上げてゆく

流れとしてはこうなります。

風景画の面白さ・難しさ・描き方のコツは、花や生き物とはまた違います。

漠然と景色を描くのではなく、まずはよく観察してストーリーを思い浮かべるようにするのも大切です。
レッスン内では時間が足りなくなるので、下図を作りながら、墨をすりながらでもいいので、イメージしてみてください。

見守っていますので、運筆がわからないところはなんでも聞いてくださいね。
とても良い作品ができますよ!

(雪)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA