外へ出る

家にじっとしていたり、私の世界だけをあっち行ったりこっち来たりしていては、何も始まらない。

といっても、寒い間はどうしても行動が止まってしまう。

きのう知人が手づくりしたものを、雑貨屋さんで展示しているというので、行って来た。

手芸好きの人達の展示品はほのぼのとして、つい手をのばしたくなる。

“展示品にお手を触れないで下さい”
の小さな貼り紙があって、苦笑した。

いつも注意を促している立場の者が、制作者側ではなくなると、こんなことをしてしまう。

横のコーナーには色とりどりの手作りバッグがあった。

ひょっとしてと思い当たり、名前を言うとやはり、もうひとり知り合いの手芸好きの作品。

花柄、ストライプ、いろいろある中で、ティーカップが並んでいる柄が目についた。

赤いカップの所々に白いネコが顔をのぞかせている。
両足だけ、しっぽだけの図もあり、ユーモラスでシャレている。
下部にカップネコをひとつ縫い付けている。内側は赤地に小さなドット柄。

思わず、“コレ頂きます”と言った。

このお店では教室として部屋貸しもしているとか。
職業を名乗ると、「ぜひ使って下さい」と美人で気さくなオーナーさん。

外へ出ると、心が明るくなることが待っていたりもする。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA