8月は白い薔薇

気温36度の日が続き、先日豊中で38度を超えたとか。

日中はとても外へ出られない。買い物は陽が沈んでから行く。他の人たちもたぶんそう考えているのだろう。人通りが多い。

強烈な太陽光が失せると、川の方向から風が吹いてくる。けっこう涼しい。

南側のベランダには暑さに強い植物を置いているが、それでも朝・夕水をやらないと、すぐフニャとなる。

ルリマツリ、サフィニア、日日草、咲いている花はこれだけしかない。

花屋へ行きたいと思うが。自転車もろとも火炎放射器で焼かれてしまう気がして・・・。

トイレに活けている花がすぐダメになる。アジサイの、緑になってしまったのを入れておいたが、もう力尽きた。

ルリマツリが今期3回目の花をつけているが、さすがに花穂は小さい。手毬のようにはなれないだろう。

この、炎暑にもめげず咲いた青い花を手折るのは、心痛む。

 

で、8月は白い薔薇。

布で作られた小さな薔薇の花束をトイレに飾る。盛夏なればこそ。これもまた良き哉。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA