自己コントロール法

起床時、ア、ちょっとアブナイと思った。
血圧は130台に回復していないのに、ここ数日元気すぎた。
手本をつくった後の疲れが まだ出ていない。

もうそろそろと思って待ちかまえていたので、ソラ 来た!と。
ところが、洗たく・水遣りなど朝の作業をしているうちに、何となくスーッとしてきた。
ラッキー!!
外を歩けば もっとスッキリするかもしれない。

遊歩道を歩いて東の方面へ移動した。
家を出たのは8時ちょうど、この時間でもジョギングの人、歩いている人がチラホラいる。
そういう人達はもっと早い時間に動いていると思っていたが・・・・。

『ひなちゃんの日常』(新聞の漫画)に、
「こんな日は、菊日和と言うんだよ。空は菊晴れ」
と、ひなちゃんがおじいちゃんに教わるシーンがあった。

なるほどネ、高く澄んだ青い空はその名にふさわしい。
その美しい空が川面に映り込んで、さらに感嘆符がつきそうだ。

(撮影:玉麗)

 

帰り、ゆるやかな坂道を通る。
風太が走り抜けた場所だ。
『風太坂』と勝手に名付けて、愛犬を思い出す縁(よすが)としている。

そして、これも勝手ながら『玉麗ベンチ』と呼ばせてもらっているコンクリートのベンチで、しばし休憩。
全行程3,440歩と記録されていた。

帰路、花友達のジッちゃん(おじいさんではなく、女性)に会ってしばし立話。
足を手術した彼女は、また元気に築山の花達の世話をしている。

「この前ネ、花のことで文句言う人がいたから、アンタ誰にもの言うてんのって言ってやってん」
と相変らず勇ましい。
こんな、しっかり筋の通ったことを言う人がいると頼もしいのにナア、と思ってしまう。
残念ながら、彼女は隣のマンションの住人である。

思った通り、スッキリさわやかになって帰宅した。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA