いざ、大掃除

11月に今期の特別教室・研究会は全て終了する予定であったが、予定はしばしば変更延期になる。

仕方のないことだ。

毎年12月の終わりに大掃除をする。

これは覚えている限りであるが、取りやめになったことはない。

しかし、毎年言っている。

「もうちょっと早めにやれば寒くないのに」

ずうっと暖かい日が続いていても、年末になるとなぜか急に寒くなる。

大掃除を予定している日は特に、である。

そうだ、今年は11月にやってしまおう。

教室が先に伸びたので、月末3連休になった。

まずは台所。ファンがいちばん汚れているが、何かの理由で夏に1度洗った。

ならば今回は、半年分の汚れでしかない。

天井まではやらないが、壁、収納庫の扉などは全て洗剤で拭き、もう1度きれいな雑巾で仕上げる。

揚げ物はしないけれど、それでも1年間の汚れが溜まっている。

床もベタついていはいないが、洗剤で拭こう。

ワックスをかけていた頃は、それはもう大変な作業で、姪や友人に手伝ってもらったこともある。

もちろんアルバイト料を出してのこと。

今はもう私がヘバっているので、大それたことは出来ない。

人間が古びてくるのだから、家だけピカピカではかえってそぐわない、などと言い訳をしている。

せめて、それなりに味わいのある住人と住居でありたいと思って、年末大掃除に挑みます。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA