ぬいぐるみ

わが家の一員風太が亡くなって、半年経った。

風太のことを書こうとすると鼻がつまり、文字がかすむ。

それでも6カ月は気持ちの整理の区切りになったのかもしれない。やっとぬいるぐみを作る気になった。

実は材料はとうに揃えてあった。でも出来なかった。

たぶん正しい作り方からは少々はずれていると思うが、型紙から自作である。

出来上がったぬいぐるみを手に取って、娘が頬ずりして喜んでくれた。それで充分だ。

試作品ではあるが、心がこもっている。

風太の写真の前で手縫いしたので、風太がもぐり込んだのかもしれない。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA