2ツの実の行方

続々とつき始めたつぼみ

 

虫も狙っている

 

私がダウンしている間も地球は回り続けている。

季節は決して止まることはなく、ベランダの日向柑の花が明日にも咲きそうなくらい膨らんできた。

動いているのは植物だけではない。

虫達も陽気に誘われて活動が活発になってきた。
産卵の季節なのだ。

アゲハはまだやってきた様子がないが、アブラムシが新芽にかたまってくっついていた。
その横には葉を上手に巻いて、中でサナギになろうとしている虫がいた。
両者とも情をかける訳にはいかない。
ゴメンネ。

花が開いて受粉し結実するまでは、網をかけたくない。
アゲハの到来が1日でも遅いことを祈るばかり。

2ツなっていた黄色い実が落ちてしまった。
1ツは少し前に、残りの1ツはついさっき。
木を動かせた衝撃で、ポロッ。
娘が「〜〜〜〜〜〜〜!」と叫んだ。
なんと言ったのか、不明である。
ショックの大きさが伝わってくる声であったことは確かである。

爽やかな酸味が美味しかったです

 

とにかく大切に育てている。
私がそうしていることを娘は知っているので、実の落下は天下泰平を揺るがす一大事であったのだ。

世話をしている当の本人は、さっさと部屋に持ち帰りすぐ皮をむいて食べたという、笑えないオチがついている。

1ツ目はちょっとスッパかったが、2ツ目は美味しかった。
これって「樹上完熟」っていうのじゃなかったか?

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA