孤独のミンミン

セミが鳴かなくなったら、夏が終ると誰かが言っていたが、その通りだと思う。
しかし、ミンミンゼミは違う。

他のセミが鳴りをひそめた頃、鼻にかかった声で、ミーンミンミン ミーンと何かを訴える。
この辺りには1匹しか鳴いていないが、特徴のある声はけっこう響く。
彼のセミは、『今日も残暑が厳しいゾーッ』と告げているように思えてならない。

あのダミ声は、おせっかいなオッサンの声だ。

「ネェちゃん、日傘持って行きや」
「オッちゃん、帽子被らんと、日射病になるでェ」
みたいな・・・・・。

けれどもオッサンゼミも疲れている。
それになにしろ7日間の命だ。

3回ぐらい鳴くとしばらく休む。
思い出したように又音を出すが、誰も聞いてない、とムクれたのかシーンとなった。

私が聞いてるよ。
娘も。
彼女はミンミンゼミの鳴きマネをするのがうまい。
毎年1回は披露して、私を喜ばせてくれる。

ブログに書いたからネ。
フォロワーの数は大したことないけど。

他のセミに出来ないことをキミはしている。
日中の残暑を忘れている人達に、注意してやってくれ。

ミーン ミンミンミーンが聞こえたら、日傘と帽子をお忘れなく!

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA