メジロの白ぶちメガネ

(↑画像は、じっちゃん撮影のものです)

メジロは甘党だと書いて、ちょっとばかり可笑しかった。
花の蜜を吸う鳥なんだから当たり前のことじゃないか!

雨が降っているから来ないと思ったのは、間違いであった。
3個目のミカンは不知火(しらぬい)、それも少々小ぶりだったから甘くなくて、やや酸っぱめであった。
彼の鳥がきた形跡はある。
半分に切ったミカンの2カ所にくちばしでつついた跡があった。
でも食べなかった。

すっぱ!と言ったかどうか、はともかく、そっぽを向いたのは確かだ。
と言ったって、温州ミカンはもう無いよ。
仕方ないから買ってきて半分に切って、刺しておいた。

来た!
アラレアの木の枝に止まってひとしきりさえずり、ヒョイとサザンカに飛び移る。
食べてる、食べてる。
アップにしてスマホでパシャッ。
ミカンの口へくちばしを突っ込んで吸い込むようにして、食べているようだ。

メジロの顔は細長い。
たくさん蜜のある椿の花の中に、顔を入れやすいようになっているのだ。

窓に張り付くようにしてもサザンカの木との距離は2m近い。
私の目ではメジロの顔がよく見えない。

そうだ!
双眼鏡!
倍率の高い性能の良いものは高額だろうが、せいぜい30m、いや10m先が見えるもので充分、明日見にいこう。

Mさんが中之島美術館はどうでした?と聞いてくれた。
いや、まだ行ってませんと答えた。
実は友人と3月中に行こうと約束している。
詳しくは後日。

明日の用事がひとつ出来た。
バスに乗って、梅田へ行く。
メジロの白メガネをどうしてもこの目で確かめたい。

その話はまた次回に。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA