困った人達 前編(+動画 山)

(本日の動画はブログのいちばん最後にあります)

ノラネコに餌を与える人、ネコが可愛いとの気持ちはわからないでもない。
その善悪について語りたいのではなく、餌を置かれるマンションの住人として、顔をしかめたくなることがある。

散らかった餌の残りである。

暑い時はハエが来る。

ハト・カラスが来てフンをする。

キャットフードの中に、人間が食べるものを混ぜて置くからだ。
ネコに対しては優しいが、常識からはかなり逸脱している。

管理人とクリーンスタッフが交替で除去して回っているらしい。

敷地が広いと、ネコバアさん達(複数いるらしい)を見つけるのも大変だし、彼らは警備体制までも把握していて、誰もいない時に執拗にやって来る。

管理人が1度、現行犯として注意したようだが、それくらいのことでめげる相手ではない。

愛しのネコちゃんに会いに夜な夜なやって来る彼らを、制止する手立てはないように思う。

虫捕りで下をウロウロしていて、彼らに遭遇した時のこと。
ネコバアさんは親しそうに近づいて来た。
どうやら私を同類とカン違いしたらしい。

「奥さんも?」と言うので、
「何がですか」と言い放ったら、
「ア、違うのン」とコソコソ離れて行った。

後ろ姿に向かって、
「ここでネコに餌をやらないで下さいね」
と言っておいた。
ヌカにクギなのはわかっているけれど。

常識、非常識の境目は厳密には難しい。

しかし、誰が見てもよくないよということは、するべきではない。

本人も解ってはいるんどあろう。
だからに紛れて姿を隠すようにやって来る。

現行犯、逮捕する!!

とメガホンで言ってやったらどうかと思うけれど、誰がするの、そんなこと。

(玉麗)

べべ・ロッカの
「水墨画3分ムービー 100回シリーズ」
第91回は「山」(2分55秒 音あり)です。

チャンネル登録はこちら。↓
YouTube「べべ・ロッカチャンネル」

よろしくお願いします!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA