スリムもキレイ好き

鯛の短冊を買ってきた。
削ぎ切りにして三杯酢につけておく。
いつもならこれで鯛のにぎりを作るところだが、今日は手抜きで大葉を巻いて食べることにした。

カエル達にもおすそ分け。
薄く切り、さらに小さく切って、赤い物を乗せて与える。
スイカとかトマトなどを。
鯛は色が薄いので彼らによく見えないようなので。

1回か2回食べたら、ジャンはもう目印をつけなくても食べてくれる。
問題はニート族2匹。

ハウスにかくれたままのスリム・マルコに、エサを乗せたスプーンを近づける。
ペチッと音はいいんだけれど空振りが多い。

しっかり見ていない、いい加減な食べ方をするから、中味がどこかへ落ちてしまう。
中の方へ飛んで行ったら私達には見えない。
うっかり食べたと判断しようものなら、後日大変なことになる。

翌日すごい臭いがするので、おしっこしたのかと水を替えた。
でもまだクサイ。

自分で勝手に寝床を作って寝るスリム

 

スリムのハウスをのけてみたら、鯛が腐っていた。
主はちゃっかり外に出て寝ている。

スリムをつまみ出してマルコのケースへ。
敷物を変えた。

ン?まだ クサイなあ。
ハウスも臭う。

出して洗剤で洗った。
キレイになったケースに移してやると、慌ててハウスの中へ入って行った。
そう言えば、ウンチをしてク・ク・クと教えてくれていたのはスリムだった。

はい、ぼくです(スリム)

 

いつも快適な住居で住んでいると、不快なのは我慢出来なくなる。
どうやら、カエル達にも当てはまるようだ。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA