わが家のいきもの達

雨が降る前の暖かい日、メダカの水槽をきれいに洗った。

彼らの姿がよく見えるようになった。

向こうからも私達の姿が、底に砂でもあろうものなら、
ブワァーと舞い上がり、たちまち濁ってしまうことだろう。
と書いて、ア、そうなのかと気がついた。

姿を隠す手段なのかもしれない。

「ホラ、こんな宙返りできるんだゾ、スゴイだろ!」
と言ってるみたいだと笑っていたのだが、
メダカなりの敵襲来への備え行動なのだ。

水を替え、エサを与えていても彼らはあまり慣れることはない。

 

蛙達3匹はそれぞれに、性格らしきものが芽生えつつある。

スリムは泰然としていて動じないが、
ここぞの時はピョンと移動する。

マル子はいちばん小さく、美ガエルで、チョコマカよく動く。

ジャンゴは大食漢。
指を目前に持っていくと、ペチッと捕食しようとする。
よく歩き回るが、スネたようにじっとしている時もある。

そんな時、頭を軽く押さえると体を地面にくっつけて
ペチャガエルになる。
次の瞬間押さえた指を頭でグイッ!と突き出す。
意志のある動作をするのは今のところジャンゴだけだ。
遊んでやる?のがおもしろい。

生きものは飼っていると、いろいろ習性がわかってくる。
居心地良いようにしてやるのは飼い主の責任なので、
よく観察して対処する。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA