発熱現象

四季の姫達の物語(玉麗作)の中で
冬姫が人間界で起きた干ばつの折、
春日の森で祈る場面がある。

父神から教わった祈りの言葉を、
一心不乱に唱える。
姫の体から水蒸気が上がり雲となり、
雨を降らせるとの設定で物語は進行する。

我が身をモデルにした訳ではないが
よく似た現象が私にも起きる時がある。
極度に緊張すると体が熱くなる。

わが家の車は軽自動車なので、車内が狭い。
私の出す水蒸気で、窓ガラスが曇ったりする。

もともとそうあることではないし、
やはり体力を消耗する?ようなので、
最近ではそんな場面もトンと無い状態だったが、
今日、現象が起きた。

特別教室の終盤、
時間に迫られての添削の折、
ウワアーッと体から水蒸気が発散されているのを
感じた。

ただの緊張汗、つまり冷や汗じゃないのと
言う人もいる。
そうかもしれない。
しかしそうではないかもしれない。

といっても特異体質と呼ぶほどのことでもないし、
この現象が何かの役に立つ訳でもない。

寒い時に起きてくれたら、私自身は助かるが
せいぜい1〜2分間の発熱ゆえ、
ストーブの代わりにはなってくれない。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA