キャリーバッグ

大は小を兼ねると言うが、“確かに”と実感していることがある。

毎日のように使っているキャリーバッグ、今ので3〜4代目である。
キャリーは進化が速い。
故障で替えるより、「ア、アレの方が使い勝手が良さそう」との理由で買い換えることになる。

現在使っているのは軽くていいのだが、ほんの少し小さい。
ちょっと荷物が増えると、パンパンで入らなくなる。
ああやはり、大きい方を買っとけばよかったと、今頃になって後悔しきりである。

先日、Mさんのキャリーバッグをじっくり見せてもらった。
ハードでカッチリ型であるが、真っ白でカッコいい。

値段を聞いて驚いた。
高級品はやっぱり良いワ。
私にはちょっと手が届かないかなと考え込んでいる。

コロナ禍で、「GOTO」中止になったらしい。
ならば旅行用品売場は人がよらないだろう、と想像する。
近々、デパートへ行って見てこようかと思ったり。

それまでは今のキャリーに頑張ってもらわなくちゃ。

汚れていたのを洗って干したら、キレイになった。
まだ活躍しますヨ、と言っているように見える。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA