台風の日に

 

昨日の空の様子 風は強く吹いていました
背の高い鉢を下へ移動(右:みかん、左:手を入れたあとのひとまわり小さくなったルリマツリ)

1時間半ほどかけて、ルリマツリの手入れをした。台風の日に何もそんなことをと思うかもしれないが、曇天だからこそちょうどいいのだ。

ルリマツリは3回目の花期を過ぎようとしている。昨年は4回も咲いてくれた。ここで枯れた葉や不要な枝を取り、お礼肥(おれいごえ)をやっておいたら、又がんばって咲いてくれるかもしれない。

しかし、晴天の日はとてもじゃないがベランダで長時間の作業はできない。

昨年買った時は40センチ余りの丈であったが、今や150センチを超える。3本の太い幹がニョキニョキ伸びたと思ったら、次は左右前後に枝が出て、それに全部蕾がついた。見る人皆おみごと!と驚嘆する。それにしてもお行儀の悪い枝のつき方、自由奔放とはこのことを言う。

支柱を3本立てて、下部・中部・上部を結わえた。この三角柱を中心に誘引する。高さも少し切って調整した。

手間暇かけると、植物は必ず答えてくれる(いや、いじられるのがキライなヤツもいるけれど)と信じている訳ではないが、とにかく、きれいな状態にしておかないと気がすまない。

台風の日にと書いたが、夕方になっても大した風も吹かず、雨も申し訳程度。もう通過してしまったのかナア。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA