バス停手前、要注意(+動画ハギ)

最近、梅田へはバスで行く。

ちょっと時間はかかるが、上がったり降りたりしなくて済むのが理由のひとつ。

久しぶりでデパートへ行くことになった。
バーゲンは始まったばかりだから、欲しいものを予算内で手に入れるにはちょっと早い。
そう思いながらも、キャリーバッグを押してバス停へ。

ン?サツキの中にヤブカラシがニョッキリ。

今日は手袋もはめていないし、服装も草取りスタイルではない。
でも1番近くにあるコレは見逃せない!と手を伸ばした。
右手を。
その手はキャリーバッグを掴んでいたのに。

その数秒後、後方で自転車にまたがって両足を地につけているオジサンが目の端に入った。

当方を見て、なにやら抗議めいた顔をしている。

ナント、オジサンは私のキャリーバッグを自転車に乗ったまま、片足で止めているのだった。

私がヤブカラシに気を取られて、キャリーバッグをうっかり手放したところは斜面になっていて、キャリーはオジサンに向かってトットッと勝手な行動をとてtしまった。

「アラーッ スミマセン!!」
では済むか、と言いたげないささか怖い顔をしてオジサンは行ってしまった。

重たい旅行カバンが天から降ってきたわけでもないのに、こんなカラのキャリーバッグひとつ止めたからって、そんなにニラまなくても・・・と思いながらも、
ゴメンナサイ、と頭を下げた。

怒りっぽい人ナンダ、きっと。
あのバス停の、少しばかり坂になっているところ、これから気をつけよう。

(玉麗)

べべ・ロッカの
「水墨画3分ムービー 100回シリーズ」
第9回は「ハギ」(2分36秒 音あり)です。

チャンネル登録よろしくお願いします!

(サムネの画像は、反転しています*)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA