魔法のバッグは重たい

身につけるもの、持つもの、すべてに於いて
軽さを重視するようになった。

もう10年以上も前からのことだが、
近年その傾向は強くなった。

バアサンになったらこうなるのだと思っているが、
私はどうやら人一倍、それが顕著に現れているようだ。

ハンドバッグは卒業したと言ってもよい。

新規購入はもう何年も前からゼロで、
もっぱら布製の、それもそこにあるものの中で
一番軽いものにしか目がいかない。
中に入れるものも極力少なくする。

 

ところが友人のUさんは
けっこう重い革製トートにいっぱい物をつめて、
ちっとも気にしていない風である。

彼女のバッグからはいろんなものが出てくる。

お茶の時ナプキンがなかったら、
「ハイ、これ」と濡れティッシュ。

ドーナツを半分残したら、
「ハイ、これ」とナイロン袋。

予報に反して雨が降っても、
「ハイ、カサ」となる。

魔法使いは力持ちでないと、ダメらしい。

さすがにほうきは入っていないみたいだが、
ひょっとしたら、羽根ぼうきぐらいは
持っているかもしれない。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA