テレビ

テレビの調子が悪く、ほとんど見ないとは言っても
途中でプツンと切れてしまうと気が滅入る。

こんな調子でも半年ほど放置していたが、
とうとう購入することになった。

今までのは50インチ、
先ほど到着・設置してもらったテレビは43インチ。

小ぶりになり台が必要になった。
テレビ台のカタログはもらってきたが、
コレ使えるンじゃないのと思う家具があった。

もとは2段になっていたが
色がチョコレートブラウンで重苦しいので、
上下を離してカウンターの下に置いているタンス。
この上部をテレビ台にしようとなった。

3ツの引出しをはずし、設置場所へ移動。
そんな準備を午前中にやっておいた。
テレビはPM2:00に着く。
配送設置人2人がやってきた時は、
“ココに置いて下さい”というだけの状態。

新しいものが届けば何となくウキウキするものだが、
今回はあまりうれしくない。

たぶん、目が極度に悪くなってきているから、
テレビ自体がワクワクするものではなくなったのだろう。

それでも観たいテレビは時々ある。
もう途中でプツン、がなくなったのだ。
きっと徐々にいいナァと思うようになるのだろう。

娘がそんな気持ちを察したのか、
YouTubeで放映されている「越木岩神社の椿まつり」
動画を画面で観せてくれた。
1カ月ほど前の私が、テレビの中で笑っていた。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA