片付けの極意

本屋さんで、片付け・整理整頓・断捨離に関する本をたくさん見かけます。あまりにも「捨てろ」ブームが加速しすぎたせいか、最近ではすこし和らいで「何でもかんでも捨てなくても大丈夫」という片付け法も耳にしたことがあります。

物を持つのも持たないのも、その人それぞれなので自由にすればよいと思いますが、片付けをしてみるとたしかに自分の傾向がよくわかります。どんな物が多いのか、どこがちらかるのか。

「物はその場所を決めて使ったら必ず元に戻す」というのが、整理整頓の基本のひとつだそうです。これは確かにその通りだと思います。ただ、その「場所を決める」という作業が少々むずかしい。片付け本を見るとたいてい、「物をしまってスッキリさせる」ことをベースにされています。だから私にはあまり参考になりません。

というのも、私は箱や引き出しがあまり好きではありません。目につかないところにしまってしまうと、どこに何があるのか忘れてしまうからです。だからといって全てのものを全部出し切っておく訳ではありませんが、できるだけ奥の方へしまわずにすぐ手の届くところに出しておきたいのです。

というわけで、少しずつちらかっていく机のまわりを時々チェックします。どこかにしまわずに、場所はそのままで・・・だから紛失したり探し回ることも滅多にありません。物の場所を把握していれば大丈夫、私なりの整理整頓なのです。

(雪)

※ブログランキングに参加しています。よかったら下のボタンをポンと押して下さるとうれしいです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA