不審なガス火②

オレンジ色の炎は酸欠が原因ではないらしい。

加湿器の水は水道水だ。浄化のためにいろいろ化学物質を使用するため、部屋を締切って加湿器をかけると、水に含まれるナントカが充満して、それに反応したガスの炎がオレンジ色になるのだと、娘がパソコンで調べて教えてくれた。“ナントカ”は忘れた。

それにしてもだ。そんなことは加湿器を製造した段階で解っていることだろう。売る側はこの点をしっかりユーザーに伝える必要がある。

説明書を読むと、『水道水に含まれるカルキが白い粉状に拡散するので、家具や電子機器の側で使用しないこと』とある。

ガスコンロについても詳しく書くべきだ。カルキが燃えるとオレンジ色になる、さらに空中にはナントカが発生する云々・・・・・。

あーあ、湧き水のある所が羨ましい。

(玉麗)

参考:「東京ガス〜よくある症状とチェックポイント」より引用
・炎の色がおかしい
答え「室内で加湿器を使用していませんか?」
室内で加湿器を使用していると、ガスの炎がオレンジになることがありますが、水道水に含まれる微量のアルカリ金属とガスの炎が反応したためであり、心配はありません。

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA