さりげなくほめ上手

自分が選んだものが他の人の目にとまり、ア、いいですネと言ってもらえる、それは手に入れた喜びと同じくらいうれしいことだ。

先日、用があって娘と梅田へ行った。2人一緒に街へ出ることはめったにない。昼食を済ませデパートを見て歩くことになった。

秋の服一着くらいならと心づもりしていたが、これがナカナカ決まらない。あっちこっちウロウロ、いいと思ったら着てみたら?と薦めるが、どれも似たり寄ったりで気に入るものがない様子。

そろそろ私が疲れてきてトボトボ歩き、イスがあったらすぐ座る状態になった頃、やっと試着室から笑顔が見えた。

そうやって苦労の末(私だけか?)見つけた服を初めて着た日、Mさんが言った。「ア、雪先生、その服もしかしておニュー?」

聞き耳を立てるとはこのことか。私の口許がニンマリしたのはもちろん、娘の声も弾んでいた。アリガト、Mさん。

別の日、私が肩に掛けているトートバッグを指さして、「ソレってワンコ?」「いや、元はニャンコ。耳を長くしてワンコにした」「エーッ、何で描いたの?」「マジックインキ!」

こんな会話をしてくれた友人。この人もハイな気分にしてくれる1人である。

自分のことばかりアピールする人が多くなった昨今、相手のこともほんの少し気にかけるクセを身につけると、世の中小さな幸せでいっぱいになる。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA