バーモントジンジャー

生姜蜂蜜ドリンクのことである。お店できれいな色の生姜を見つけた。
ン?いつもの生姜の2.5倍の値段がついている。といっても250円だ。思い切ってカゴに入れた。
正解であった。

おろし器ですると、香りが際立つ。
湯のみに蜂蜜をスプーン1杯。
そこへお湯を入れ、おろした生姜を絞らず全部入れる。
フワッと鼻腔をくすぐる芳香。1口すすると、美味しいー!!

私は朝パンを食べる時、ミルクにも生姜を入れる。牛乳をアツアツのところへいっぱい入れると、ドロリと凝固するのでご用心。

生姜はジンゲロンを含有している。蜂蜜は抗酸化作用があり、両者合わせた飲み物はまことに体によろしい。と、信じて飲んでいる。第一、美味しい。体によくても美味しくないものは、どうしても遠慮がちになる。

特別教室の休憩時、バーモントドリンクを作って提供したら、好評であった。
疲れと緊張がほぐれるといいですね。

言葉の効能も大切で、そうなればいいなと思って口にすると、気分はそのように動いてくれるという。
ちょっとした暗示かもしれない。

反対に、マイナスイメージの言葉を使うとドッと疲れるように、言葉には不思議な力がある。

就寝時、夕食が早かったからかちょっと空腹を覚えるとなったら、30ccぐらいの牛乳を温めて蜂蜜をたらし、よく混ぜて飲むと寝つきが良いように思う。
もちろん、そのあと口をすすぎ、トイレにも行って。
量はこんなに少なくなかったが、ずいぶん昔に新聞に載っていた方法である。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA